• 印刷する

テイクオフ:当地でエレベーターに閉…

当地でエレベーターに閉じ込められたことがある。築30年ほどのビルで、1階に停まったと同時に一瞬、「かご」が大きく沈み込み、そのまま動かなくなった。2、3分後、警備員が扉を手動で開けて、助けられたが、あの「内蔵が浮いた」ような感覚は今でも忘れられない。

韓国の昇降機事故は、救助隊が出動したケースだけでも昨年2万4,000件に上った。1日平均で65件以上と異常な数字だ。保守点検業者が中古部品を新品と偽ってメンテナンスすることも日常茶飯事。テレビ局のSBSによると、マンションに設置された約300台の昇降機を調査したところ、全体の15%に中古部品が組み込まれていたという。

韓国ドラマの定番であるエレベーター事故は、日常でも身近な存在だ。老朽化した昇降機をなるべく避けて、低層階なら階段を使うなど、安全意識を高める必要がありそうだ。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

10月ICT輸出12.3%増、半導体好調続く(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

10月失業率3.5%、前年同月比0.3P悪化(11/16)

SKイノ、VWにEVバッテリー供給(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

Eマート、駐車場でEV充電やカーシェア(11/16)

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(11/16)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン