• 印刷する

米アパレルGUESS、印に再進出を計画

米カジュアル衣料大手のGUESS(ゲス)は、インドへの再進出を計画しているもようだ。かつての進出形態のフランチャイズではなく、現地法人を設立し、直営店を開くことでブランドの存在感を示す方針だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

中東・東南アジア・オーストラリア・インドを統括するランデル・イサシ氏は「当初は2~3店舗を開き、その後、1~2年間で8~10店舗を追加出店する」と述べた。「ティア1」に分類される大都市を中心に出店を考えているという。実店舗に加え、「大手電子商取引(EC)との業務提携のほか、自社の専用ポータルサイトでも販売する」とした。

ビクター・ヘレロ最高経営責任者(CEO)は「外資による出資規制の緩和が進むインドは重要な市場だ。一貫したブランド戦略に沿って存在感を強化したい」と話した。

インドでは、外資の単一ブランド小売業の出資比率が49%を超える場合、政府の認可が必要となる。出資比率が51%を超える場合には、製品の30%(金額ベース)をインド国内で調達することなども求められる。


関連国・地域: インド
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選の…(12/13)

モディ政権、来年総選挙に逆風 5州議会選で与党全敗(12/13)

中銀新総裁「元官僚は最適でない」、専門家(12/13)

インド大統領、チャオピュー深海港で懸念か(12/13)

タタ自の世界販売、11月は7%減10.5万台(12/13)

インド人、到着ビザでの入国可能に(12/13)

欧州ビール大手マオウ、ベンガルール参入(12/13)

製薬オーロビンド、中国で吸入器の合弁(12/13)

エイスース、印スマホ市場でシェア10倍目標(12/13)

中国半導体ユニソック、来年の2割増収視野(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン