9日指数は反落、米中対立激化懸念が重し

9日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比47.18ポイント(0.43%)下落し11,028.07ポイント、売買代金は1,241億1,800万台湾元(約4,910億円)だった。 米トランプ政権が160億米ドル相当の中国製品を対象に25%の追加関税を23日から課す方針を表明。中国政府も直ちに同規…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…(12/19)

中華映管、生産再開へ協議中 原材料の取引先、貸し倒れを懸念(12/19)

HTC、19年上半期は中高価格路線へ(12/19)

FPCの台郡科技、19年資本支出は今年の4倍(12/19)

ヤゲオ傘下の凱美電機、同欣株8%取得(12/19)

南茂董事長、19年売上高「10%以上成長」(12/19)

日亜化学、特許侵害訴訟でLED億光に勝訴(12/19)

裕隆が納智捷に60億元増資、新車開発へ(12/19)

中国鋼鉄、1~11月税前利益は6年来の最高(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン