政策金利1.5%に据え置き、26会合連続

タイ中央銀行(BOT)は8日、金融政策委員会(MPC)の会合を開き、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。委員の一人は0.25%引き上げに票を投じた。金利の据え置きは26会合連続。 中銀は、タイ経済は内外需が堅調で拡大を続けていると分析。インフレ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク市内での移動は…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

9月輸出19カ月ぶり減、貿易摩擦で減速見込(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

CLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発(10/24)

建設工事TECの持株会社、MAI上場へ(10/24)

接着剤シーリク、ラベル製造2社の買収計画(10/24)

1~9月の二輪登録台数、2%減の137万台(10/24)

スバル、ラクラバンの新工場が来年完成(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン