三井住友銀など、石化事業に32億ドル融資

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)の子会社、ロンソン・ペトロケミカルズ(LSP)はこのほど、三井住友銀行が幹事を務める6行からなるシンジケート団と総額32億米ドル(約3,560億円)のシンジケートローン(協調融資)契約を締結した。7日付VNエクスプレスが報じ…

関連国・地域: タイベトナム日本
関連業種: 金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

HAGL再建、政府介入の影 Thacoの支援で破綻回避へ(08/15)

1~7月の完成車輸入、67%減の1.9万台(08/15)

国営VEAM、1~6月は51%増益(08/15)

ハノイタクシー協会、政令改正案に反対(08/15)

ハノイ都市鉄道2A号線、国が運賃補助(08/15)

天虹紡織、貿易戦恐れず生産拡大へ(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

国内航空各社、燃料高騰で運賃引き上げ申請(08/15)

韓企業、インフルエンサー利用サービス開始(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン