• 印刷する

藍鼎のマニラカジノ計画、大統領は白紙方針

フィリピンのドゥテルテ大統領は7日、香港上場の藍鼎国際発展(ランディング・インターナショナル・デベロップメント)によるマニラでのカジノリゾート建設計画について、借地契約を白紙に戻す方針を示した。8日付サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)などが伝えた。

大統領府のハリー・ロケ報道官によると、ドゥテルテ大統領は、藍鼎が3月にフィリピン政府傘下のNayong Pilipino Foundationと交わした借地契約について、フィリピン政府にとって極めて不利なものだとの見方を示している。

白紙化を表明する直前に同カジノリゾートを着工していた藍鼎は、7日夜に声明を発表し、「全ての問題を円満に解決し、計画通りに開発を進められるようにするため、あらゆる必要な行動を起こす」とのコメントを出した。その上で、「契約は合法で有効、実行可能なものだ」と主張。フィリピン政府から正式な知らせは受けていないと明らかにした。

藍鼎は7月、フィリピンの公営賭博会社フィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング(Pagcor)から、カジノリゾート建設に向けたライセンスを取得した。同カジノリゾートの投資総額は15億米ドル(約1,669億円)に上る見通しで、2022年の開業を予定していた。


関連国・地域: 香港マカオフィリピン
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(14:01)

モジュール工法の導入を推進 政府、人手不足の建設業界に効果(01/18)

民間住宅、18年の売却利益率が過去最高に(01/18)

マカオ住宅価格、今年5~10%下落=JLL(01/18)

バイパス開通、企業の“中環脱出”加速へ(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

従来型銀行、IT人材の採用が鍵=当局幹部(01/18)

反落、本土不動産銘柄が急落=香港株式(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン