検察が親中派政党捜索、中国資金流入を調査

【台北共同】台湾の検察当局は7日、中国との統一を目指す親中派政党、中華統一促進党の本部や責任者の自宅などを政治資金規正法違反などの疑いで家宅捜索した。8日付の台湾紙が報じた。中国から不正に政治献金を受け取っていた疑いがあるとみて調べている。 2016年5月に台湾独…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台北からプユマ号に乗っ…(10/24)

運転士、事故前にATP切る 地裁が発表、東部幹線きょう復旧(10/24)

9月のスマホ販売台数、前月比4.6%増(10/24)

メモリーの旺宏、142億元の設備投資を決議(10/24)

義隆電子、新たなTDDIを年内に量産(10/24)

達方、電子部品の詠業科技買収でMLCC強化へ(10/24)

新薬開発の台睿が米子会社設立、海外初拠点(10/24)

富士ゼロックス台湾、組合がスト決行(10/24)

9月の商業統計、3業種ともプラス成長(10/24)

全家が製パン世界王者とコラボ、きょう発売(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン