7月外貨準備高、通貨買い支えで1.3%減

インドネシア中央銀行が7日発表した7月31日時点の外貨準備高は、6月末時点から1.25%減の1,183億米ドル(約13兆1,716億円)だった。6カ月連続の縮小となった。 中銀は外貨準備高の減少要因について、政府の対外債務の償還や、国際金融市場が不安定な中でルピア相場を安定させ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

阪急阪神、プラザインドネシアと協力覚書(21:26)

輸出入の電子システム、1月から一斉運用(21:27)

ボゴール植物園、18日から営業再開(20:49)

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン