• 印刷する

かき氷のソルビン、カンボジアに1号店

韓国メディアによると、かき氷フランチャイズチェーン(FC)大手のソルビン(雪氷)が、カンボジアに1号店を出店した。日本や中国、タイなどに続く7カ国目の海外進出となる。

オープン初日は約300人が訪れ、国内販売1位の「メロンかき氷」が最も人気を集めたという。

ソルビンは今後も海外事業を拡大する計画で、今年中に海外店舗を計40店に広げる考えだ。


関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(17:35)

11月失業率3.2%、前年同月比0.1P悪化(15:53)

保険大手の教保生命、19年下期に上場へ(15:35)

ファストリ韓国が営業益3割増、寒波で伸び(15:35)

首都圏急行鉄道C路線、21年末にも着工へ(15:35)

テイクオフ:米国から始まったセクハ…(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

現代重が今治造船に設備供給 環境配慮型で成長目指す(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

多重代表訴訟制の導入で副作用、経済研究院(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン