上海株が大幅反発、2年2カ月ぶり上昇率

【北京共同】7日の上海株式市場は、代表的な株価指数である総合指数の終値が大幅反発し、前日比2.74%高の2779.37となった。上昇率は2016年5月以来、約2年2カ月ぶりの高水準となった。 鉄道建設、鉄鋼といったインフラ関連株が買われた。国営英字紙が、近く政府が新たな景気対…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

テイクオフ:全国人民代表大会(全人…(03/19)

ミッソンダム事業中止に向け全国組織設立へ(03/19)

本土客の混雑緩和策に着手 市民の不満低減、業界影響回避へ(03/19)

ダイムラーやBMWが値下げ 増値税率の引き下げに呼応(03/19)

半導体設備の蔚華、子会社が上海に認証センター(03/19)

麗新発展の文化施設、年末までに1期開業(03/19)

上海証取の科創板、11社以上が上場の意向(03/19)

1~2月の財政収入7%増加、支出は2桁増(03/19)

レアアース採掘量、当面は昨年の5割に抑制(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン