上海株が大幅反発、2年2カ月ぶり上昇率

【北京共同】7日の上海株式市場は、代表的な株価指数である総合指数の終値が大幅反発し、前日比2.74%高の2779.37となった。上昇率は2016年5月以来、約2年2カ月ぶりの高水準となった。 鉄道建設、鉄鋼といったインフラ関連株が買われた。国営英字紙が、近く政府が新たな景気対…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大橋開通日の発表遅く、越境バスが準備不足(14:45)

民営企業、揺るぎなく支持=習総書記(12:53)

テイクオフ:弊社の入居するオフィス…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

7~9月のGDP6.5%増 0.2P減速、9年半ぶり低水準(10/22)

1~9月の鉱工業生産6.4%増、伸び率鈍化(10/22)

工業設備稼働率、3Qは76.5%に下落(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

貿易の利便性向上へ、書類削減や時間短縮(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン