• 印刷する

《日系進出》日置電機、孫会社が9月に営業

電気計測器の開発・生産販売を手掛ける日置電機(長野県上田市)は7日、インドネシアに孫会社を設立、9月に営業を開始すると発表した。インドネシアでは数年前から、シンガポール子会社が駐在員事務所を置いて活動してきたが、道路や鉄道などのインフラ整備が急速に進んでいることから、電気計測器の需要が増加するとみて販売を強化する。年末までに2億円の売り上げを見込む。

新会社はヒオキ・エレクトリック・インストゥルメント。資本金は25億2,500万ルピア(約2,000万円)で、シンガポール子会社のヒオキ・シンガポールが99%、日置電機が1%を出資する。駐在員事務所と同じく、東ジャカルタに事務所を置く。

新会社の代表取締役にヒオキ・シンガポールの土屋利彦社長が、コミッショナーに本社の岡澤尊宏取締役がそれぞれ就く。インドネシア人スタッフ6人で営業を開始、需要に応じて増員する。

日置電機の関係者によると、インドネシアでは当面、テスターやクランプメーター、電流計、測定器など、インフラ整備用の計測器を中心に拡販を図る。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: その他製造小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年の瀬といえば大掃除。…(12/10)

中国からiPhone組み立て移管 台湾大手がバタムに、誘致推進へ(12/10)

ジャワ1ガス火力発電所、月内着工へ(12/10)

ルミネ1号店がオープン、海外2店舗目(12/10)

世界トップ5経済大国へ、日本イ政策提言(12/10)

ロッテ、インドネシアを石化拠点に(12/10)

ロッテケミ、チレゴンに石化施設を着工(12/10)

電動二輪「フィアル」、首都でレンタル開始(12/10)

エネ鉱省、バイオ燃料精製でCPO消費拡大へ(12/10)

インダストリー4.0、産業界は法整備を要求(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン