ロンボク空港24時間運営、ライオンは臨時便

インドネシアのロンボク島で5日に発生した地震を受けて、国営空港運営会社アンカサ・プラ1は、9日まで24時間体制でロンボク国際空港を運営すると発表した。被災地に届けられる物資の輸送などに対応する。一方、民間航空最大手ライオン・エアは7日、ロンボク国際空港を発着する…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

包装産業の目標成長率、来年は6~8%(20:36)

北スマトラの貨物鉄道、試運転を開始(20:36)

影響力あるムスリム、大統領は16位を維持(20:38)

テイクオフ:夜中に目が覚めた。コン…(10/22)

銀行の海外支店開設は低調 世界経済に不透明感、国内に注力(10/22)

地場ビントラコ、ベンツ商用車販売へ(10/22)

重機生産台数、1~9月は42%増(10/22)

首都の違法屋外広告取り締まり、強制撤去も(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

マツダ、MX―5の新モデル発表(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン