企業統治規定見直しが最終決定 取締役の独立性強化、上場規則改定

シンガポール金融管理庁(MAS)が設置した企業統治委員会は6日、上場企業のコーポレートガバナンス(企業統治)規定見直しの最終勧告案を公表した。業績改善やイノベーション(技術革新)の促進、投資家からの信頼獲得を目指すもので、MASは全面的に受け入れを決定。これを…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ハッピーバースデー・…(01/21)

生命科学やハイテクで採用増 蘭社報告書、昇給率15%も(01/21)

家電量販ノジマ、同業コーツアジアにTOB(01/21)

チャレンジャー、高級オーディオ専門店開業(01/21)

デカトロン、カランで国内最大の店舗を開業(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

KPMG、「スマート国家」推進へ要望書(01/21)

センチュリーリンク、サイバー防衛拠点開設(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン