企業統治規定見直しが最終決定 取締役の独立性強化、上場規則改定

シンガポール金融管理庁(MAS)が設置した企業統治委員会は6日、上場企業のコーポレートガバナンス(企業統治)規定見直しの最終勧告案を公表した。業績改善やイノベーション(技術革新)の促進、投資家からの信頼獲得を目指すもので、MASは全面的に受け入れを決定。これを…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(21:22)

テイクオフ:シンガポール人の知人か…(10/22)

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

新興企業との連携スペース開所 独インフィニオン、本国含め世界初(10/22)

EUとFTAに調印、貿易・投資促進に期待(10/22)

リー首相、ベルギーで安倍首相と首脳会談(10/22)

南シナ海問題で協力、ASEAN拡大国防相会議(10/22)

空飛ぶタクシー、来年に都市部の試験飛行(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

C4NGP開所、次世代の港湾管理を研究(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン