企業統治規定見直しが最終決定 取締役の独立性強化、上場規則改定

シンガポール金融管理庁(MAS)が設置した企業統治委員会は6日、上場企業のコーポレートガバナンス(企業統治)規定見直しの最終勧告案を公表した。業績改善やイノベーション(技術革新)の促進、投資家からの信頼獲得を目指すもので、MASは全面的に受け入れを決定。これを…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

難民帰還の最優先を強調=スー・チー氏講演(08/22)

タイコン、シンガ系共有オフィス2カ所取得(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

テイクオフ:自宅のある東部から中心…(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

新医療費助成パッケージ、50年代生まれに提供(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン