• 印刷する

プロトン、7月販売は前月比3割増の8100台

マレーシアの国民車メーカー、プロトンの7月の販売台数は8,102台で過去30カ月で最多となった。前月比で31%増え、6月1日からのGST(消費税)実施撤廃の恩恵を受けたとみられる。スターがこのほど伝えた。

7月のプロトンの市場シェアは11.7%で、6月の9.6%から上昇した。車種別では、小型セダンの「サガ」と「ペルソナ」がけん引役を果たした。販売台数は、サガが3,000台超で全体の37%を占めた。ペルソナは2,221台で、17年5月以来、初めて2,000台の大台を超えた。

プロトンによると、ペルソナは自動車の安全性評価を示す「東南アジア諸国連合(ASEAN)NCAP」で5つ星を獲得しており、安全装備が評価されたとしている。同車種は電子制御サスペンション(ESC)や横滑りを防止する駆動力制御(トラクションコントロール)を標準搭載し、モデルによってはエアバッグが運転席と助手席の前方以外に側面衝突時用のサイドエアバッグを用意している。

輸出が7月は517台だったことについて、プロトンのアブドゥル・ラシド・ムサ最高経営責任者は、「2018年の輸出目標を達成見通しだ。海外市場での販売に力を入れていく」と述べた。同社は主に中東諸国に仕向けており、ヨルダンやイラク、イランなどが有力市場となる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではバブル崩壊後か…(01/16)

ペナン州自転車シェアが快調 リンクバイク、国営石油も導入検討(01/16)

RM=26.4円、$=4.09RM(15日)(01/16)

第3国民車の試作車、3月までに公開へ(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

プロトン、海外勢と協業で4700万リンギ調達(01/16)

KTM複線化、TSRが土木工事受注(01/16)

不動産トロピカーナ、Wホテル売却を否定(01/16)

チャハマタ、リン酸添加物の合弁に追加出資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン