ティラワ特区、4~7月の投資は全て製造業

今年4月1日~7月26日の最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)に対する外国投資額は約1億7,100万米ドル(約191億円)で、全て製造部門への投資だった。日本とシンガポールの企業、計4社が投資した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが2日伝え…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英団体が国軍関与リストを発表、日本企業も(22:25)

欧州企業の景況感、低下続く 高い魅力も難民問題足かせ(12/12)

仏の7千万ユーロ融資、会計委が凍結提案(12/12)

ヤンゴンの発電所向けLNG供給、来年整備(12/12)

レンタルバイク禁止、ダウェー観光に影響も(12/12)

森林局、民間人工林の木材輸出を許可へ(12/12)

与党、地方首相や議員の監視チーム設置へ(12/12)

ラカイン北部の夜間外出禁止令、2カ月延長(12/12)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン