2日は反落、米中対立激化懸念でリスク回避

2日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比168.36ポイント(1.52%)下落し10,929.77ポイント、売買代金は1,403億8,900万台湾元(約5,110億円)だった。 米トランプ政権が中国製品に課す関税の率を当初の10%から25%に引き上げるよう米国通商代表部(USTR)に指示し…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で、今年話題となっ…(12/11)

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

TSMCの11月売上高、単月過去3番目の水準(12/11)

エイサー傘下の宏星技術、VR開発計画中止(12/11)

自動車部品2社の売上高、11月はともに減収(12/11)

二輪車にABS装着義務化、19年1月から(12/11)

中鋼董事長、10年間で環境保護に400億元投入(12/11)

高雄林園工業区で2時間停電、損害は最小限(12/11)

鼎泰豊の英国1号店、ロンドンで開業(12/11)

繊維の力麗、彰化工場にリサイクル設備投資(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン