• 印刷する

携帯通信量17%増、アプリの音声通話拡大で

タイ国家放送通信委員会(NBTC)は、第1四半期(1~3月)の携帯機器を通じたデータ通信量が、前四半期比17%増の121万テラバイト(TB)だったと明らかにした。アプリを通じた音声通話の利用が拡大した。2日付バンコクポストが報じた。

NBTCの報告によると、「LINE(ライン)」や「スカイプ」などのアプリを通じた音声通話の利用拡大が、データ通信量の増加につながった。最も利用が多かったのはラインで、第1四半期の音声通話は1分当たり0.67メガバイト、ビデオ通話は2.72メガバイトだった。

一方、アプリを使用しない従来の音声通話時間は、前四半期比13%減の77億分に低迷。携帯通信各社は1分当たりの音声通話の平均料金を4.7%減の0.41バーツ(約1.4円)に引き下げるなどの対策を講じた。


関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク市内での移動は…(10/24)

【運輸・宅配】物流の新興企業、各地で実績 トラックの最適化で非効率を打破(10/24)

9月輸出19カ月ぶり減、貿易摩擦で減速見込(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

CLPとタイワ精機が新型精米機を共同開発(10/24)

建設工事TECの持株会社、MAI上場へ(10/24)

接着剤シーリク、ラベル製造2社の買収計画(10/24)

1~9月の二輪登録台数、2%減の137万台(10/24)

スバル、ラクラバンの新工場が来年完成(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン