• 印刷する

カガヤンに最新病院、スロバキア企業と覚書

フィリピンのカガヤン経済区庁(CEZA)はこのほど、IT技術を取り入れた最新鋭の病院の建設で、スロバキア企業が率いるコンソーシアムと覚書(MOU)を締結した。提携する地場企業の社名などは明らかにしていない。投資額は10億ペソ(約21億円)以上。地元紙インクワイラーが伝えた。

工事は数期に分けて実施する予定で、第1期ではベッド数10~30床を、向こう半年~1年で整備する。最終的にはベッド数は100床に拡大する計画だ。工事は、機材などの組み立て、検査の一部を事前に工場で行ってから搬入するモジュール工法で行うため、工期を大幅に短縮できるという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(17:35)

商銀PNB、初のデジタル支店開業(14:47)

アボイティス、水上太陽光発電施設を実験へ(17:02)

テイクオフ:英ロックバンド「クイー…(12/12)

過去最大の貿易赤字42億ドル 10月は輸入が100億ドル超(12/12)

東京中央日本語学院、ダバオの大学と提携(12/12)

税制改革第2弾、年内の上院通過は絶望的(12/12)

9月のFDI純流入29%減、マイナス続く(12/12)

20年後にGDP世界18位に、英社リポート(12/12)

NEDA、気候変動対策の強化を宣言(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン