米長官が東南アジア歴訪、対中国で連携訴え

【シンガポール共同】ポンペオ米国務長官は2日、マレーシア・クアラルンプールを訪れ、東南アジア3カ国歴訪を開始する。トランプ米政権がインド太平洋地域で透明性のあるインフラ整備を支援するとの新方針を打ち出し、東南アジア各国を味方に付けて中国が経済圏を拡大する動きに…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:魔法の国へようこそ――…(11/20)

シンガ企業の投資関心高く 卸売・小売など、向こう2年で(11/20)

自社製造のハラル食品試験販売 キュアテックス、日本料理も提供(11/20)

オネストビー、日本で全国配送を本格始動(11/20)

シー、テンセントのゲームの域内販売権獲得(11/20)

マンダレー、ASENスマート都市網候補に(11/20)

プンディエックス、国際事業本部を開設(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

東南アのネット経済、25年に2400億ドル超に(11/20)

観光客減少も、ホテル投資は増加傾向(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン