【総選挙2018】下院選圧勝も首相沈黙 初の公の場、経済発展を強調

カンボジアのフン・セン首相は1日、下院議会選挙(総選挙)後初めて公の場に姿を現した。ただ与党・カンボジア人民党が圧勝したことに関しては一切語らず、国内が経済発展している点を強調。今月から有料にするはずだった公共交通の運賃の無料期間を延長すると表明した。選挙の正…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン