セダン販売、ルピア安と金利上昇で苦戦

インドネシアの自動車市場で、セダンの販売台数が一段と低迷している。もともと他車種に比べ価格が高い上、ほとんどが輸入であるため、ルピア安の影響で価格がさらに上昇、政策金利の利上げで自動車ローンの金利も上がっていることなどが原因だ。7月31日付コンタン(電子版)が伝…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

首都幹線道路、二輪配車アプリの客待ち禁止へ(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

東南ア最大級の光ファイバー工場を着工(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン