セダン販売、ルピア安と金利上昇で苦戦

インドネシアの自動車市場で、セダンの販売台数が一段と低迷している。もともと他車種に比べ価格が高い上、ほとんどが輸入であるため、ルピア安の影響で価格がさらに上昇、政策金利の利上げで自動車ローンの金利も上がっていることなどが原因だ。7月31日付コンタン(電子版)が伝…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:セーリング~とハモる昔…(12/12)

国内ECは今後2年2桁成長 業界団体、健全な競争市場けん引(12/12)

王子HD、20年に段ボールの国内生産開始(12/12)

1~11月の二輪車販売台数8%増=速報値(12/12)

大型トラックの輸入額、1~10月は倍増(12/12)

鉱業サービス協会、B20の供給拡大を要請(12/12)

エバー航空、首都空港第3ターミナルへ移行(12/12)

首都公共バス、無料のマイクロバスを運行(12/12)

国営石油、首都にEV充電スタンドを開所(12/12)

保険GEH、豪同業のインドネシア事業買収(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン