大統領、石炭の国内供給義務制度を維持

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は7月31日、石炭生産量の25%を発電用に供給することを各社に義務付けた国内供給義務(DMO)制度を改定する方針を撤回し、現制度を維持すると表明した。これにより1トン当たり70米ドル(約7,790円)を上限に設定している国営電力PLNへ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:セーリング~とハモる昔…(12/12)

国内ECは今後2年2桁成長 業界団体、健全な競争市場けん引(12/12)

王子HD、20年に段ボールの国内生産開始(12/12)

1~11月の二輪車販売台数8%増=速報値(12/12)

大型トラックの輸入額、1~10月は倍増(12/12)

鉱業サービス協会、B20の供給拡大を要請(12/12)

エバー航空、首都空港第3ターミナルへ移行(12/12)

首都公共バス、無料のマイクロバスを運行(12/12)

国営石油、首都にEV充電スタンドを開所(12/12)

保険GEH、豪同業のインドネシア事業買収(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン