大統領、石炭の国内供給義務制度を維持

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は7月31日、石炭生産量の25%を発電用に供給することを各社に義務付けた国内供給義務(DMO)制度を改定する方針を撤回し、現制度を維持すると表明した。これにより1トン当たり70米ドル(約7,790円)を上限に設定している国営電力PLNへ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

宅配JNE、配送情報配信にクラウドを採用(13:05)

海洋・水産省、観賞魚の輸出拡大目指す(13:53)

テイクオフ:タクシーに乗ると、スマ…(10/17)

9月の自動車生産台数12%増 輸入4千台、20カ月ぶりの低水準(10/17)

<資料>1~9月の車種別生産台数(10/17)

来年の州別最低賃金、8.03%引き上げ決定(10/17)

来年の州別最低賃金、労組が最大25%増要求(10/17)

クロスコープ、レンタルオフィスを移転(10/17)

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(10/17)

全日空、11月12日に首都空港ターミナル移転(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン