ストゥントレンで避難増、ラオスダム決壊で

ラオス南部アッタプー県で7月23日に発生したダム決壊による影響で、隣接するカンボジア北部ストゥントレン州で避難住民が増加している。クメール・タイムズ(電子版)などが31日に報じた。 ストゥントレン州当局は先週、メコン川の支流であるセコン川流域4集落の1,289世帯、約5…

関連国・地域: タイカンボジアラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

対カンボジア貿易巡り対立 米中、「貢献度」互いに譲らず(04/22)

南部の砂糖業界、EUの税優遇継続を要請(04/22)

中国系ホテルが垂れ流しか、南部リゾートで(04/22)

報道自由度ランク、143位に後退(04/22)

18年のマラリア感染6万人、死者はゼロ(04/22)

地方議会選、選挙活動期間は来月17~24日(04/22)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年04月19日時点)(04/22)

スターツのホテル好調 開業半年、客室稼働率60%に(04/19)

19~24日に最高気温40度も、気象省(04/19)

交通事故件数47%増、クメール正月期間(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン