ロヒンギャ調査で独立委員会、大島氏ら4人

【ヤンゴン共同】ミャンマー大統領府は30日、イスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を調査する独立委員会を設置したと発表した。メンバーは外国人2人とミャンマー人2人の計4人。フィリピンのロサリオ・マナロ元外務副大臣を議長とし、日本の大島賢三・元国連大使、ミャンマー人の…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中銀、7月末から累計700万ドルを売却(08/17)

通貨安で経済界と協議予定、スー・チー氏(08/17)

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/17)

与党顧問は通貨安を楽観視、経済危機ない(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

4~6月の日本向け輸出、輸入上回る(08/17)

1260社が新システムで会社登録、8月1日以降(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

イラワジ川に誘導標識設置、夜間航行可能に(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン