• 印刷する

テイクオフ:小売店の店頭や航空券の…

小売店の店頭や航空券の予約時、オフィスビルを訪問する際など、当地ではかなりの頻度で携帯電話番号を尋ねられる。個人情報とひも付いていることもあり、番号を提示することに抵抗はあるものの、義務化されているケースが多い上、当たり前のように要求されると、つい教えてしまいがちだ。

番号はすぐに登録され、事業者から矢のようなショートメッセージが届く。着信に応じた途端、自動音声が流れるものもある。先日訪れた美容室は、3日おきに割引を案内。一斉送信と思われるが、髪が伸びるスピードを無視したその頻度の高さにうんざりさせられる。

やっかいなのは官公庁の連絡や航空会社の予約確認など重要なメッセージが混在することだ。そのため、仕事中であろうと受信のたびにチェックする羽目に。国全体で考えると多大な生産性低下を招いている、というのは大げさな考えだろうか。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

現地の邦人社会に衝撃、「誰もが犠牲に」(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

トライアンフ、8月に中古車市場に参入(04/26)

ホワイトカラー求人数、1~3月は13%減(04/26)

ヒーロー、西部で太陽光発電に2億ドル投資(04/26)

太陽光を調理に、エネ省が補助金転用を要請(04/26)

タタ電力部門、西部の風力発電所売却(04/26)

セメントのウルトラ、150億ルピーの投資計画(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン