• 印刷する

テイクオフ:中国に関する「常識」は…

中国に関する「常識」は瞬く間に変化する。一昔前は、中国人は「列に並ばない」「夏でも飲み物を冷やさない」などと当たり前のように言われていたが、冷たい茶飲料を売るチェーン店の前にきょうも長蛇の列が伸びている。

広東省を中心に展開する「喜茶」は、緑茶やウーロン茶といった中国伝統の茶を冷たく冷やし、チーズクリームや果物をアレンジした独特の飲料で若者に爆発的な支持を得ている。注文から口にできるまで30分待ちは当たり前の状況だ。

今や全国に約90店舗を構えるチェーンだが、始まりは江門の街角だったという。次いで東莞、中山、仏山、恵州へと勢力を伸ばし、その後でようやく広州、深センへ進出している。どんな商品もスマートフォンのSNSで一夜にして全国区になる時代。「起業するなら大都市」の常識も過去のものとなりつつある。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:携帯キャリアから久しぶ…(12/09)

米産大豆など、報復関税免除 貿易協議にらみ柔軟姿勢か(12/09)

韓国がEV電池で覇権狙う LGとGM合弁、現地生産を加速(12/09)

中国11月新車販売、日系3社好調も日産苦戦(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

有望投資先、越が6年連続1位=日本公庫(12/09)

11月の貿易0.5%減、7カ月連続マイナス(12/09)

香港米国商会トップ、マカオ入境拒否される(12/09)

来年も安定成長を堅持、中央政治局会議(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン