• 印刷する

テイクオフ:中国に関する「常識」は…

中国に関する「常識」は瞬く間に変化する。一昔前は、中国人は「列に並ばない」「夏でも飲み物を冷やさない」などと当たり前のように言われていたが、冷たい茶飲料を売るチェーン店の前にきょうも長蛇の列が伸びている。

広東省を中心に展開する「喜茶」は、緑茶やウーロン茶といった中国伝統の茶を冷たく冷やし、チーズクリームや果物をアレンジした独特の飲料で若者に爆発的な支持を得ている。注文から口にできるまで30分待ちは当たり前の状況だ。

今や全国に約90店舗を構えるチェーンだが、始まりは江門の街角だったという。次いで東莞、中山、仏山、恵州へと勢力を伸ばし、その後でようやく広州、深センへ進出している。どんな商品もスマートフォンのSNSで一夜にして全国区になる時代。「起業するなら大都市」の常識も過去のものとなりつつある。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

全国のPM2.5濃度、9月は16.7%改善(10/19)

若者狙いの中国限定新SUV、現代自が投入(10/19)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

相次ぐEV発火事故、安全性に不安の声(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン