• 印刷する

鉱山開発の許可発行を2年ぶり再開、環境省

フィリピンの環境天然資源省は27日、2年ぶりに鉱山の開発許可の審査や発行を再開したと発表した。鉱山の監査が全て終わったため。

3日付の環境天然資源省令(AO)2018年第13号で、鉱山の採掘許可(EP)の申請受け付け、審査、許可の発行を凍結するモラトリアムを解除した。国内鉱山による環境関連法令の順守状況などを確認するため、2016年7月から凍結していた。

ドゥテルテ大統領が掲げる、競争力の強化や国内外の投資誘致に向けた経済政策の一環。許可申請は鉱山地学局(MGB)の地方事務所で受け付けている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:英ロックバンド「クイー…(12/12)

過去最大の貿易赤字42億ドル 10月は輸入が100億ドル超(12/12)

東京中央日本語学院、ダバオの大学と提携(12/12)

税制改革第2弾、年内の上院通過は絶望的(12/12)

9月のFDI純流入29%減、マイナス続く(12/12)

20年後にGDP世界18位に、英社リポート(12/12)

NEDA、気候変動対策の強化を宣言(12/12)

11日為替:$1=52.770ペソ(↑)(12/12)

LCCのセブ航空、マカオ直行便を就航(12/12)

地方空港の能力増強、向こう3年間注力(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン