メダンでLRT建設、現地調達率6割目標

インドネシアのルフット調整相(海事担当)は、北スマトラ州メダン市で建設が計画されている大量軌道交通(LRT)について、資材の現地調達率60%を目指す考えを示した。市の南北17キロメートルを結ぶLRTの事業費は、約12兆~13兆ルピア(約927億~1,000億円)と試算しており…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界中が胸を痛めたノー…(04/23)

メイジ、新社屋に本社移転 「健築」な造り、来月に業務開始(04/23)

コクヨ、家具事業でインドネシアに現法設立(04/23)

トヨタ、小型SUVのHVモデルを投入(04/23)

国産車エスエムカ、2モデルの先行予約開始(04/23)

ブルーバード、国内初のEVタクシー導入(04/23)

ジョクジャ新空港、29日に国際線の供用開始(04/23)

AP2、首都第2空港の候補地3カ所を選定(04/23)

南スラウェシ州にもLRT敷設、4路線計画(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン