26日指数は反発、値がさ株2銘柄上昇で安心感

26日の台湾株式市場で加権指数は反発。終値は前日比44.82ポイント(0.41%)上昇し11,010.61ポイント、売買代金は1,322億5,000万台湾元(約4,800億円)だった。 集中市場は、前日に下げたハイテク2銘柄が反発した。EMS(電子機器の受託製造サービス)台湾最大手の鴻海精密工業…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南太平洋に浮かぶ人口約…(09/18)

郭氏、無所属での総統選断念 与野党一騎打ちなら、蔡氏有利か(09/18)

フーミーフン、7区で新プロジェクト開始(09/18)

台湾の半導体設備投資、19年は増加へ(09/18)

台北電脳公会、5Gの垂直応用連盟発足(09/18)

全家、11月にも台北で韓国チキン店(09/18)

聯強の新本部、世界明珠に24年落成(09/18)

裕隆城の住宅エリア、開発を全面的に中止か(09/18)

韓国のフッ化水素の対日輸入量、8月はゼロ(09/18)

台泥傘下の達和航運、ばら積み船3隻調達(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン