財務省、労働党税制改革の悪影響懸念

オーストラリアの財務省が、株式配当金への二重課税を防ぐ「インピュテーション制度」で、約100万人への現金還付をキャンセルして550億豪ドル(約4兆5,161億円)の歳出削減を図る最大野党労働党の当初の公約について、税負担を受ける納税者への支援などで結果として10年以内に連邦…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーはイージーゴー…(10/17)

都市再生機構、NSW州と契約 西シドニー開発を本格支援(10/17)

経済成長率予測、NZが豪上回る=IMF(10/17)

豪準備銀の利下げ効果減少、当面据え置きか(10/17)

豪の雇用システムは「崩壊」=業界団体(10/17)

RCEP妥結には相当な努力必要=豪貿易相(10/17)

国際送金企、豪ベンディゴ銀と提携(10/17)

スノーウィー水力発電の拡張、費用5倍の恐れ(10/17)

連邦と州、11億ドルで干ばつ地域ダム建設(10/17)

豪企業投資、資源ブーム前水準=デロイト(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン