財務省、労働党税制改革の悪影響懸念

オーストラリアの財務省が、株式配当金への二重課税を防ぐ「インピュテーション制度」で、約100万人への現金還付をキャンセルして550億豪ドル(約4兆5,161億円)の歳出削減を図る最大野党労働党の当初の公約について、税負担を受ける納税者への支援などで結果として10年以内に連邦…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーのパパ友と立ち…(03/19)

豪オンライン広告、2桁大幅増 ただし大手企業は縮小(03/19)

王立委の金融規範提言、不透明で業界混乱(03/19)

TPPコメ、予定の半分に=18年度豪州産(03/19)

政府減税案、120億$規模ですべき=専門家(03/19)

豪GDP低成長、国内で経済評価の意見二分(03/19)

〔政治スポットライト〕NSW選挙、与党は医療・教育の拡充公約(03/19)

豪企業、中国新投資法の影響を検討(03/19)

英ソーラーファーム建設企、豪で事業拡大へ(03/19)

35年までに完全再生エネに=ソフト企CEO(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン