北京のPM2.5濃度、上半期は15%低下

北京市環境保護局は24日、上半期(1~6月)の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)が56マイクログラムだったと発表した。前年同期比15.2%の低下で、上半期としてはこれまでで最も低い数値となる。 その他の主な大気汚染物質は、粒子状物質「P…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年は例年に比べて一時…(12/17)

テクノプロ、海外展開を加速 ヘリウス買収などで相乗効果期待(12/17)

4Qの輸出指数、3年で最低 下げ幅縮小も悲観くすぶる(12/17)

【改革開放40年】(2)世界の工場 相次ぐ進出、加速する成長(12/17)

台湾パネル初、中華映管が会社更生手続きへ(12/17)

19年の輸出5%増へ、伸び4P鈍化=貿発局(12/17)

米自動車への追加関税停止、3月末まで(12/17)

香港と本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/17)

消費15年半ぶり低水準、11月は8.1%増(12/17)

香港若者の大湾区進出支援、港澳弁主任(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン