北京のPM2.5濃度、上半期は15%低下

北京市環境保護局は24日、上半期(1~6月)の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)が56マイクログラムだったと発表した。前年同期比15.2%の低下で、上半期としてはこれまでで最も低い数値となる。 その他の主な大気汚染物質は、粒子状物質「P…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

ディズニーが大湾区から集客 優待措置を実施、大橋効果に期待(08/16)

テイクオフ:広州の街中を歩いている…(08/16)

中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ(08/16)

地方に債券発行の加速を指示 投資てこ入れ、インフラ建設強化(08/16)

6.5%の成長目標に自信、米と貿易摩擦でも(08/16)

米をWTOに提訴、太陽光パネルの輸入制限(08/16)

7月のエネルギー生産、原炭は減産に転じる(08/16)

中国五菱、オートショー成約台数は626台(08/16)

中小企業融資支援制度、HSBCが一部返金(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン