ダム決壊で100人超不明、数人死亡

【バンコク共同】ラオスの国営メディアは24日、同国南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムが23日に決壊し、数人が死亡、少なくとも100人以上が行方不明になったと報じた。 報道によると、ダムから流れ出た水で、家が流されたという。建設していたのは韓国の企業などによ…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

観光人材の育成、シンガNPOと提携(03/19)

首都で大気汚染悪化、PM2.5が基準超え(03/18)

ブルネイ航空が成田線就航(03/18)

BJC、ビッグC増設などに350億円投資(03/15)

ラオス航空上海便が引き返す、ブレーキ警告(03/14)

環境汚染対策で企業に課税も、政府が検討(03/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン