• 印刷する

Baa2据え置きもリスク指摘、ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは20日、フィリピンの自国通貨・外貨建て長期債務の信用格付けを「Baa2」に据え置くと発表した。格付け見通しは「ステーブル(安定的)」。ただ、インフレ高進や財源の割当問題などが格下げにつながるリスクも指摘した。

ムーディーズは、フィリピンの昨年の国内総生産(GDP)に占める一般政府負債の割合が約38%と、Baa格付け国の中間値を約10ポイント下回ったこと、経済規模が比較的大きく高度成長の可能性がある点などを格付け据え置きの理由に挙げた。

「Baa2」は投資適格級の下から2番目。同業フィッチも先に順調な経済成長と良好な財政状況などを理由として、フィリピンの格付けを同格の「BBB」に据え置くと発表。見通しについても、少なくとも向こう1年間は格付けに変化がないステーブルとしていた。

一方でムーディーズは、フィッチと同様にインフレ高進や最高裁判所による地方自治体への財源分配判決などが格下げにつながる可能性を指摘。連邦制への移行構想に関しても、公共支出の増大を招くだけでなく、地方政府の財源運営に懸念が残るとして、格付けのマイナス要因になるとの見方を示した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

現代自が新ジプニー披露、商用車販売を強化(18:18)

クラーク空港の拡張工事、進捗率は25%(18:20)

マニラ電力、1~9月の電力販売は5%増(17:13)

テイクオフ:マニラの夜道、iPho…(10/17)

トヨタ、グラブと新車購入支援 提携具体化、ASEAN初の試み(10/17)

東芝エネシステムズ、水素発電を比普及へ(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

政府GDP成長目標、6.5~6.9%に下方修正(10/17)

「歳出削減も」財務相が増税先送りをけん制(10/17)

16日為替:$1=53.960ペソ(↑)(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン