大手の楽観傾向、若干弱まる 3Q景況感、不動産と金融顕著に

香港の大手企業の間で、業務状況を楽観する傾向が2018年第3四半期(7~9月)に若干弱まったことが、香港政府統計処の調査で分かった。楽観傾向を示す数値は前四半期(4~6月)から3ポイント縮小した。業種別では不動産業や金融・保険業、貿易・卸売業で弱まった。一方、製造…

関連国・地域: 香港
関連業種: その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フードトラック売上、ディズニーが全体5割(13:26)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

香港、住宅政策が市場リスク抑制=IMF(12/14)

マカオと本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/14)

大湾区関連の新基金発足、企業と若者支援(12/14)

ETF通と香港株実名制を来年実現、SFC(12/14)

3日続伸、市場ムードが好転=香港株式(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン