卸売物価指数、5月上昇率は8.4%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が20日に発表した2018年5月の卸売物価指数(GWPI、1998年=100)は253.0(速報値)となり、前年同月比8.4%上昇した。鉱物性燃料・潤滑油・その他関連品、食品など8項目中3項目の上昇率が前月を超え、全体の上昇率は前月の6.3%からさらに加速し…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:本格的な雨期の到来は、…(07/16)

韓進造船所、国際港に転換 債権団が提案、日米など関心か(07/16)

5月の海外送金受取、5.7%増の26億ドル(07/16)

インフラ2件の変更を承認、経済開発庁(07/16)

通信PLDTの格付け据え置き、S&P(07/16)

首都圏の建材小売物価、6月は1%上昇(07/16)

全国電化計画、目標の17%止まり=監査委(07/16)

15日為替:$1=51.000 ペソ(↑)(07/16)

フェイクニュース処罰法案、上院に提出(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン