中国の太陽電池に25%の関税、商工省が提案

インド商工省の貿易救済総局(DGTR)は16日、中国とマレーシアから輸入する太陽電池セルとモジュールに25%の緊急輸入制限(セーフガード)関税を課す案を政府に提示した。ロイター通信などが伝えた。 中国製の安価な太陽電池製品が国内メーカーに損害を与えているとする業界…

関連国・地域: 中国マレーシアインド
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:右も左も白ばかり――年…(01/24)

スズキが新型ワゴンR発売 車体拡大し快適に、月2万台目標(01/24)

タタがSUVハリアー発売、127万ルピーから(01/24)

タタ・パワー、デリーにEV充電器設置へ(01/24)

ラカイン州、マウンドーに経済区を3月設置(01/24)

中古車販売トゥルービル、10億ルピー調達(01/24)

サカタのタネ、南部ベンガルールに新拠点(01/24)

全日空と日航、日本から印南部へ新路線(01/24)

自動車部品輸出が容易に、韓印機関が提携(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン