• 印刷する

テイクオフ:世界中で産業に変革をも…

世界中で産業に変革をもたらしている人工知能(AI)。日本では少子高齢化対策の有効打として期待される一方、雇用が危ぶまれる職種がクローズアップされ、日本の金融業で働く知人からは将来を不安視する声も聞く。

日系製造業が集積するタイでも同様に、国際競争力の向上に向けて政府が産業の高度化を唱える中、AIが人に取って代わるといった論調の記事を日常的に目にした。熟練工が不足する国はAIなど最新技術の導入効果が大きいと同国の電子部品メーカーの関係者に聞いたことがあるが、その辺りの事情からも危機感が増しているのかもしれない。

一方、インドではその手の記事はあまりなく、いかにAIで新ビジネスを創出するかという点に関心が集中している様子。豊富な労働力は当地の大きな魅力だが、政府は省人化が加速した際の雇用対策も今から進めるべきではないだろうか。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いつもは陽気なインド人…(08/16)

リクシルがインドに本腰 現地生産開始、5年で1万店展開(08/16)

経済発展を強調、印首相が独立記念日に演説(08/16)

貿易赤字、7月は180億ドルに拡大(08/16)

卸売物価指数、7月は5.09%上昇(08/16)

ルピー最安値、政府は問題視せず(08/16)

教育ローンの不良債権比率、3月時点で9%(08/16)

イラン産原油輸入、5割削減で米制裁回避へ(08/16)

自動車部品サンセラ、IPO目論見書を提出(08/16)

【予定】16日 7月貿易統計ほか(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン