• 印刷する

マクアケが韓国同業と提携、日韓で出資募る

インターネットで事業資金を募るクラウドファンディング仲介を手掛けるマクアケ(東京都渋谷区)は、韓国同業のWadizと業務提携を締結した。日韓で出資を募って、相互の国でビジネス展開をしやすくする。

韓国進出を希望するサービス利用者は、Wadizで資金調達ができる。Wadizは韓国最大のクラウドファンディングサービスを展開。Wadizでプロジェクトが評価されれば、小売業などからの問い合わせの増加が見込め、現地でのビジネス拡大にもつながるという。

一方、マクアケはWadizで成功を収めたプロジェクトの日本展開を後押しする。

クラウドファンディングサービスは国内のみならず、世界から出資を募るケースが増えており、マクアケは海外事業を加速させて、プロジェクトを世界展開できる体制を整える。

マクアケはサイバーエージェント傘下で国内最大級のクラウドファンディングサービスを運営している。2013年以降約4,300件のプロジェクトを掲載し、1,000万円を超える大型資金調達は100件以上あるという。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここで写真を撮らないで…(12/13)

現代自、燃料電池事業に拍車 7千億円超を投資、世界トップ狙う(12/13)

大型SUV「パリセード」発売、現代自(12/13)

短期カーリース、19年から大企業に制約(12/13)

チュオンハイ、起亜「セラト」の新型発売(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

韓国SKマジック、浄水器レンタルに参入(12/13)

11月失業率3.2%、前年同月比0.1P悪化(12/13)

韓国CEO7割、「景気は長期型不況」(12/13)

保険大手の教保生命、19年下期に上場へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン