新物品税、バイクには1年の猶予を計画

タイ財務省物品税局のクリサダ局長は、二酸化炭素(CO2)排出量に応じた税率を適用する新物品税体系について、バイク製造会社に対しては1年の猶予期間を与える計画を明らかにした。準備のために時間が必要と判断した。16日付バンコクポストが報じた。 バイク製造会社は2年の…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、タイ子会社の設置を計画(12/10)

ジャパンフーズ、海外進出で地場同業と合弁(12/10)

【高齢化の諸相】官・学・病院で地域包括ケア 佐久市のノウハウ、介護に生かす(12/07)

車フィルムのソーラー、地方展開本格化(12/07)

【アジア三面記事】LGBTに罰金8千円(12/07)

GM、北米での工場閉鎖はタイに影響なし(12/07)

アジアの19年昇給率5.4%に鈍化、NNA調査(12/07)

グリーンライン運営権入札、来年1月に実施(12/07)

アルミSUS、タイ事業に3年で20億円投資(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン