中銀、国内銀行の外資出資比率を精査

ミャンマー中央銀行は、外国銀行による国内銀行への出資比率を精査していく。8月に施行予定の新会社法で、国内企業と同じ扱いを受けることができる外資の出資比率35%を超えていないかどうかを監視する。イレブン電子版が11日伝えた。 ミャンマー投資委員会(MIC)の事務局で…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

マンダレー線の改修が着工 都市間輸送能力、大幅上昇へ(11/13)

ヤンゴン、東部のドライポートが開業(11/13)

政府、投資誘致主管する新省庁を設立へ(11/13)

ロヒンギャ帰還はバングラデシュ次第、政府(11/13)

10月の国境貿易、中国の規制強化でほぼ停止(11/13)

国産ポメロ、中国で需要増も農地不足(11/13)

百万頭に狂犬病ワクチン接種へ、撲滅目指し(11/13)

村上春樹が人気、若者の目が海外の文化に(11/13)

【ミャンマー進出関連法】目論見書に代わる書面に関する通達 第164回(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン