中銀、国内銀行の外資出資比率を精査

ミャンマー中央銀行は、外国銀行による国内銀行への出資比率を精査していく。8月に施行予定の新会社法で、国内企業と同じ扱いを受けることができる外資の出資比率35%を超えていないかどうかを監視する。イレブン電子版が11日伝えた。 ミャンマー投資委員会(MIC)の事務局で…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

介護実習生派遣を正式通達 日本への送り出し、実現近づく(09/20)

ロヒンギャ迫害で予備調査、国際刑事裁(09/20)

スー・チー氏責任免れず、難民迫害で調査団(09/20)

刑事裁に反発、ロヒンギャ迫害の予備調査(09/20)

電源の米イートン、地場と提携で事業拡大(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

世銀系IFC、独系卸売メトロに融資提案(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

チャウピュー空港、燃料基地が開設(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン