世界技術革新指数で世界5位、2ランク上昇

世界知的所有権機関(WIPO)とフランスの経営大学院インシアード(INSEAD)、米コーネル大学が発表した2018年版「世界イノベーション指数(GII)」で、シンガポールは5位となり、前年から2ランク上昇した。アジア太平洋地域では引き続き首位に立ち、唯一、世界トップ10入りを果たしている。

調査は世界126カ国・地域を対象に実施。イノベーション(技術革新)の可能性と成果を7分野80項目について調べ、指数化した。

シンガポールのGIIは100点満点で59.83。「制度」「人的資源および研究」の2分野で、8年連続で世界トップを維持した。「ビジネスの洗練度」(2位)、「市場の洗練度」(4位)、「インフラ」(5位)は、前年まで首位を維持していたが、ここにきて後退した。「知識と技術の生産」「創造的な生産」はそれぞれ11位、35位にとどまった。

GIIの世界1位は前年に引き続きスイス。アジア太平洋地域では、韓国がシンガポールに次ぐ12位で、日本は13位だった。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ホット、ホッター、ホッ…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

トールが最新物流施設を開業 無人運転車やスマート管制を導入(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

訪日シンガポール人、6月は10%増(07/19)

シンガポール航空、羽田便を1日4便に増便(07/19)

アジア売上高を50%に拡大へ=トール(07/19)

配車アプリのライドX、即時の予約受付開始(07/19)

MRT2路線の10駅、8・9月週末に短縮営業(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン