11日指数は反落、米中摩擦懸念でリスク回避

11日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比80.05ポイント(0.74%)下落し10,676.84ポイント、売買代金は1,188億3,500万台湾元(約4,330億円)だった。 米トランプ政権は現地時間10日、中国製品に対する追加関税措置の新たな対象品目リストを発表した。中国側は報復措置を…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今週土曜日の統一地方選…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

鴻海、人件費削減など4項目のコスト削減案(11/20)

元太の電子タグ好調、アリババなどが採用(11/20)

FPCの嘉聯益、期間工100人超を削減か(11/20)

ノートPCの藍天、群創とゲーミングPC(11/20)

フィリップスがテレビ再発売、台湾社と提携(11/20)

18年の自動車部品生産額、3.1%増予測(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン