11日指数は反落、米中摩擦懸念でリスク回避

11日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比80.05ポイント(0.74%)下落し10,676.84ポイント、売買代金は1,188億3,500万台湾元(約4,330億円)だった。 米トランプ政権は現地時間10日、中国製品に対する追加関税措置の新たな対象品目リストを発表した。中国側は報復措置を…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

上期の電動自転車輸出、量・額とも過去最高(13:13)

テイクオフ:「台湾人ってどんな暮ら…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

三菱地所が事業拡大 駐在事務所を現法化、海外5カ所目(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

聯発科技「ヘリオA22」、小米新機種に採用(07/19)

南亜、2Q純利益は過去最高=DRAM好況で(07/19)

和泰系の中古車サイト、並行輸入車販売も開始(07/19)

中油の水酸化脱硫施設、行政院が建設停止を承認(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン