11日指数は反落、米中摩擦懸念でリスク回避

11日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比80.05ポイント(0.74%)下落し10,676.84ポイント、売買代金は1,188億3,500万台湾元(約4,330億円)だった。 米トランプ政権は現地時間10日、中国製品に対する追加関税措置の新たな対象品目リストを発表した。中国側は報復措置を…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

8月の輸出受注額は同月最高 2カ月連続、スマホ発売がけん引(09/21)

上奇科技、デジタル印刷機市場に参入(09/21)

メモリーの威剛、ゲーミング事業に注力(09/21)

和碩董事長、「台湾で積極投資強める」(09/21)

ベンツのメンテナンス拠点、基隆に建設へ(09/21)

米商務省、台湾製PET樹脂に反ダンピング認定(09/21)

注射剤の科妍、米企業と独占販売契約(09/21)

富士康、18年テレビ出荷量は1650万台で世界首位(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

サンワカンパニー、台湾の合弁解消(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン