• 印刷する

テイクオフ:ウーバーに乗ると、必ず…

ウーバーに乗ると、必ず車内を確認している。ウーバーの運転手をしている友人から、運転手向けのマニュアルに「乗客向けに水のペットボトルとガムを用意するように」と書いてあると聞いたからだ。確かに意識してみると必ず置いてある。ただシドニーでは一度も勧められたことがなく、その友人も「勧めたけど今までにそれを受け取った人はいない」と言っていた。

ところが今回メルボルンで乗った際に、運転手が眠気を感じたのか「ガムを食べるけど、欲しいか?」と初めて勧められた。ものは試しと貰ってみたがパッケージが劣化してガムとくっついていて、とても乗客向けとは思えない。受け取った手前、後には引けずに食べられそうな部分だけかじって食べた。

お腹が痛くならないか内心ひやひやで、おかげで食後の眠気はきれいに吹っ飛んだ。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

テイクオフ:不注意で頭をぶつけ、流…(04/24)

豪政府、小企業ファンド新設 1億$拠出で事業25万件創出へ(04/24)

〔ポッサムのつぶやき〕トランプ大統領訪豪へ、でもゴルフ目当て?(04/24)

労働党、外国人労働者の21%賃上げを公約(04/24)

豪再生エネ業界、1.7万人分の雇用創出(04/24)

豪州の与野党、移民数の削減を公約に(04/24)

シェブロン、WA州のLNG権益売却か(04/24)

豪資源業界、EV普及に備え産銅事業に投資(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン