• 印刷する

テイクオフ:第3次韓流ブームがマレ…

第3次韓流ブームがマレーシアに押し寄せているという。第1次はヨン様に代表される韓流ドラマ、第2次はサムスン電子やLGが看板の電子機器や家電製品。第3次を担うのは、韓国コスメだ。クアラルンプールの高級モールには基礎化粧品を中心に韓国ブランドが複数出店し、いつも若いマレーシア人でにぎわっている。

ある日系の美容師は、「カット方法はほとんど同じだが、日本風より韓国風の注文が圧倒的に多い」と話す。スタイリングや仕上げの違いで、無造作やナチュラルが日本風、優雅や華美が韓国風と教えてくれた。韓流ドラマの浸透で韓国人気は根強いそうだ。

ただ、自身のインスタグラムで最近、マレーシア人からの「いいね!」が多かったのは新幹線の新聞広告と宇多田ヒカルのCDジャケット。第3次の話を聞いて以来、以前にも増して日本アピールに力が入ってしまう。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

リム財務相、サムライ債の追加発行を検討(17:44)

マレーシア国債、政策金利ダウンで下押しか(17:44)

テイクオフ:電話越しだと相手にアル…(03/19)

ドローンで日本のインフラ救う 地場新興エアロダインの挑戦(下)(03/19)

日本政府、マ国際イスラム大学に無償援助(03/19)

2月の新車販売、前年同月比1.8%減(03/19)

RM=27.3円、$=4.07RM(18日)(03/19)

第3の国民車、国民の知識向上を期待=首相(03/19)

MASは「A380」売却を、専門家が指摘(03/19)

低価格住宅、24年までに全面IBS工法化(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン