米中貿易戦争、政府が影響軽減策を導入へ

インドネシア政府は、米国と中国との貿易戦争の影響を最小限にとどめるため、短中期の2段階の対応策を導入する方針だ。スリ・ムルヤニ財務相は「年内は経済成長を促す対策を導入し、向こう12~18カ月の中期では、実体経済に与えるリスクの軽減に努める」と述べた。10日付ジャカル…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

米政府系金融機関、北スマトラの港に関心(16:25)

バイオ燃料「B30」導入目標、19年に前倒し(17:16)

ペリンド2、PTPを6港で混載貨物荷役に(17:10)

テイクオフ:倉敷市に住む父から先日…(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

下半期に向け新車の販売強化 中印韓各社、上半期は台数が伸長(07/17)

大使公邸で知事らが「やまなし魅力説明会」(07/17)

シャープ、井戸ポンプを10年ぶり販売(07/17)

6月貿易収支は3カ月ぶり黒字、17億ドル(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン