• 印刷する

グラブ、データ公開するプラットフォーム提供

配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブは10日、同社の顧客データなどを外部のパートナー企業が利用できる「グラブ・プラットフォーム」の提供を本格的に開始すると発表した。

グラブ・プラットフォームは、技術仕様を他の事業者に公開するAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)と呼ばれる仕組みを活用。パートナー企業は、グラブが蓄積してきた物流、決済などに関するデータや技術を利用できる。グラブ・プラットフォームを通じて生み出されたパートナー企業のサービスを、グラブのアプリを通じて提供していく。

■食料雑貨配達サービスを開始

グラブは同日、オンデマンド型の食料雑貨配達サービス「グラブフレッシュ」の提供を今月から開始すると発表した。既存アプリに同サービスの機能を加える。

まずはインドネシアの食料品宅配ベンチャー、ハッピーフレッシュ・グループと提携し、同国ジャカルタで試験サービスを開始する。同サービスでは、食料雑貨品を注文から1時間以内、あるいは事前に指定した時間に自宅まで届ける。利用者は、50以上の大手スーパーマーケットの10万品目以上から商品を選べる。ハッピーフレッシュは、グラブ・プラットフォームのパートナー企業でもある。

年内にはタイやマレーシアでも展開し、その後は他の国にも広げる計画だ。

グラブは、金融サービスとライフスタイル関連サービスを結合させ、毎日利用してもらえる「エブリデー・スーパーアプリ」の構築を目指している。今回の一連の発表はこの事業戦略の一環という。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

輸出が2年半ぶりの下げ幅 3月12%減、半導体業界不振で(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

米IBM、メインフレーム製造をNYに移管(04/18)

アジアの通信環境、シンガポールが首位(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン