改正労働法施行、半年ごとに勤続給

カンボジアで、従業員に6カ月ごとに勤続給を支給することを義務付けた改正労働法が施行された。柬中時報(電子版)が伝えた。 改正労働法89条によると、雇用主は従業員に対し、毎年15日分の賃金に相当する勤続給を支給しなければならない。半年ごとに半額ずつ分割して支払う。 …

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

首都の集合住宅が急拡大 30年に2.8万戸、外国人増などで(12/19)

鉱業省、19年末にも初の原油生産開始(12/19)

下院有力議員、EU制裁検討で仏議員と会談(12/19)

与党・人民党が党大会、経済開発や成果協議(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

主要空港の旅客数、18年は1000万人超えも(12/19)

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン