• 印刷する

《日系進出》ショーイチ、日本の在庫商品の販売開始

法人の在庫処分を手掛けるショーイチ(大阪市)は6月28日、タイ北部チェンマイの複合モール、ジャパンビレッジで、日本の衣料品ブランドの在庫商品の販売を始めたと発表した。アパレル各社の在庫問題を解決するとともに、タイでのブランド認知度向上を支援する。

ジャパンビレッジは、日本企業の製品を販売し、現地の反応を探る総合テストマーケティングモール。ショーイチは5月下旬から、同モールに出店していた。

ショーイチは2005年1月に設立。法人を専門に在庫処分を代行している。山本昌一社長によると、8月にはカンボジアへも出店する予定。


関連国・地域: タイカンボジア日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最初はニンジャのパフォ…(11/13)

医療用大麻が合法化(上) 軍が強力に推進、市民は賛成多数(11/13)

高技能人材が現地生産の強み 岡本工作機械、3カ国ですみ分け(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

B20対応問題、メーカーは品質への不安訴え(11/13)

マツダの10月販売、63%増の5647台(11/13)

空港高速鉄道の入札、CPやBTSが参加へ(11/13)

ドンムアン空港前の進入路完成、渋滞緩和へ(11/13)

高齢者向けタクシー始動、心肺蘇生法を習得(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン