• 印刷する

中韓の財界トップが対話、北京で

大韓商工会議所は29日、韓国と中国の財界関係者によるハイレベル対話を北京で開催する。韓国からは大企業トップが顔をそろえる予定で、実質的な協力策が導き出される可能性もありそうだ。

対話は中韓のコミュニケーションを活発にし、経済交流を支援することになる。両国間では昨年、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備が大きな問題となったが、対話はこうした問題も水面下で調整する協議体になり得ると期待される。

韓国からは15人が出席する。大韓商議所会長の朴容晩(パク・ヨンマン)会頭や崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、尹富根(ユン・ブグン)サムスン電子副会長、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長ら財界人11人に、元国会議長や元政府高官が加わる。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国国籍の母親とナイジ…(12/17)

スマート工場を3万カ所構築 政府主導、中小企業が対象(12/17)

カカオ、相乗りサービス開始を無期延期(12/17)

韓国の自動車部品オリエント、越で設備拡大(12/17)

双竜自とSKT、自動運転向け地図を開発(12/17)

11月自動車産業、生産と輸出が微増(12/17)

セルラーV2X用端末機、KTが韓国初開発(12/17)

現代自グループ、部品会社に新たな支援策(12/17)

空気清浄機市場が拡大、次々と新製品(12/17)

家電レンタル事業に注力、LG電子(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン