国内の工業団地面積、14年比で64%増

インドネシア産業省は27日、2017年の国内の工業団地面積が14年比で64%増の5万9,700ヘクタールだったと発表した。工業団地数は14年時点の74カ所から87カ所へ増加した。 地域別の内訳は、ジャワ島が57カ所、スマトラ島が21カ所、カリマンタン島が5カ所、スラウェシ島が4カ所。 …

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

バスキ元知事、来年1月に刑期満了で釈放へ(14:17)

鉱業サービス協会、B20の供給拡大を要請(13:21)

テイクオフ:ブラウン管テレビやビー…(12/11)

セダン・SUV販売が不振 市場飽和、価格格差が下げ要因(12/11)

アバンザとセニア、来年初め新モデル発売か(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

19年の給与上昇率は8%の見通し、マーサー(12/11)

ビンタン島、ガラン・バタン経済特区が稼働(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

スマラン港の国際貨物取扱量は5%増(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン